MENU

院長ブログ・お知らせ

新型コロナウイルスワクチンの精子に対する影響

新型コロナウイルスワクチンの接種が進む中で、「ワクチンを打つと不妊になる」や「無精子になる」という話を見聞きします。

今回は新型コロナウイルスワクチンの精子に対する影響について研究された内容をお伝えします。

研究結果

Daniel C. Gonzalez, BS1Daniel E. Nassau, MD1Kajal Khodamoradi, PhD1et al:Sperm Parameters Before and After COVID-19 mRNA Vaccination.JAMA. Published online June 17, 2021. doi:10.1001/jama.2021.9976

Sperm Parameters Before and After COVID-19 mRNA Vaccination | Urology | JAMA | JAMA Networkhttps://jamanetwork.com/journals/jama/fullarticle/2781360

まず結果から言いますと、

新型コロナウイルスワクチンは精子に影響を与えなかったそうです!

男性45人にワクチン(ファイザー製21人、モデルナ24人)を打ったところ精液所見に影響は見られなかったとのことでした。

むしろ精液量や総運動精子数が上がっていたり、8人いた乏精子症(精子濃度中央値850万/ml)の人の内、7人が正常値(おそらくWHO基準値の1500万/ml以上)になっていたそうです。

だからと言って、新型コロナウイルスワクチンが精子力をアップさせるものとは今は言えませんが・・・

無精子症になった人は1人もいなかった

ようなので、「精子については」安心してワクチン接種を受けて下さい。

情報の取捨選択を

このように不安を煽る記事も見かけますが、きちんとした情報を取捨選択してワクチンを打つかどうか決めないといけないですね。

ただし精液所見はもの凄く変動します。

今回の報告でも変化の大きさは個人差の範囲内ではあったようなので、その辺りはご留意ください。

追記

この報告はmRNAを使用したファイザー製やモデルナ製でのことなので、アストラゼネカ製やその他のワクチンについては不明なのでご注意ください。

コメント

コメントを残す