MENU

院長ブログ・お知らせ

妊活中にレバーはNG?!

レバーは非常に栄養価が高く、意識して食べている方もいるのではないでしょうか。

私も昔は生レバーが好き(焼くと食べれないのですが笑)で焼肉屋さんに行くとよく食べていました。

栄養価も高いので妊活にもプラスなのではと思うかもしれませんが、レバーの食べ過ぎは注意が必要です。

レバーの中にはビタミンAが豊富に含まれているのですが、このビタミンAは

過不足なく摂る必要がある

のです。

ビタミンAには抗酸化作用があり、また自律神経を安定させる働きもあります。

ビタミンAが不足すると夜に目が見えにくくなる夜盲症を発症したり、免疫力の低下や肌荒れ、

妊娠中の方の場合は胎児奇形が増加します。

では沢山ビタミンAを摂れば良いことばっかり!とならないのでご注意ください。

ビタミンAは摂取し過ぎても胎児奇形や流産・早産が増加するのです。

ビタミンAの上限量は3000㎍REと言われ(REはレチノールというビタミンAの一種、ビタミンAは色々種類があるのですが影響が出るのはレチノール)、安全量は1500㎍REと言われています。

ではどのような食品にどれぐらいビタミンAが入っているのでしょうか。

以下は代表的なものになります(100gあたり)。

鶏レバー:14000㎍RE
豚レバー:13000㎍RE
あん肝:8300㎍RE
うなぎ肝:4400㎍RE
レバーペースト:4300㎍RE
うなぎ:2400㎍RE
ぎんだら:1500㎍RE
ほたるいか:1500㎍RE
牛レバー:1100㎍RE
無塩バター:790㎍RE
卵黄:470㎍RE
カマンベールチーズ:230㎍RE

うなぎより上に書いてあるものは100g食べるだけで一日の安全量を越えてしまいます。

これらのもはそう頻繁に食べるわけではないと思うので、一回食べてしまったからダメということは無いと思いますが、摂取を控えておいた方が無難だと思います。

英国食品基準庁では

妊娠中又は妊娠を希望する女性は、ビタミンAを含むサプリメントを摂らないこと。また、レバー及びレバー製品を摂らないこと。

となっているようです。

ではどうやって不足を補えばのー!!??

となりますが、安心して下さい。

野菜から摂れば良いのです!

動物性のビタミンAは先述したレチノールになるのですが、野菜に含まれるはビタミンAではなくプロビタミンAと呼ばれるビタミンA前駆体(変換されるとビタミンAになるもの)になります。

プロビタミンAにはβカロテンや、αカロテン、クリプトキサンチンなどがあります。

βカロテンは名前を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

プロビタミンAは体内にビタミンAが足りていなければビタミンAに変換され、足りていればそのまま排出されるという超優秀なやつなのです。

βカロテンは人参やホウレン草、ピーマン、かぼちゃなどの緑黄色野菜や柑橘類、スイカなどに多く含まれています。

また油と一緒に摂ると効率よく吸収されるので、炒め物が良いのではないでしょうか。

βカロテンの過剰摂取はビタミンAの過剰摂取にはならないと言われているのでしっかり緑黄色野菜を食べましょう♪

五月が丘鍼灸治療院 内名博志

コメント

コメントを残す

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

営業時間

営業時間

初診のみ日曜日のご予約可能な場合あり(要相談)
日曜日をご希望の方は問い合わせフォーム、LINE、お電話にてお問い合わせ下さい。

    ご予約・お問い合わせ

    06-6878-2209

    アクセス

    〒565-0834 大阪府吹田市五月が丘北2-52 千里スカイラーク208
    TEL/FAX 06-6878-2209
    ・JR岸辺駅、阪急南千里駅、北大阪急行 桃山台 駅よりバスにて佐竹台6丁目下車後、徒歩3~5分